緩和ケア委員会

緩和ケア委員会 委員長 形部 文寛

研究会の目的

 薬剤師会会員へ情報提供を行い、また相談窓口を設置することでよりよい緩和薬物療法の提供・支援・情報共有を目指します。

 委員会会員も自己研鑽に励み、学会発表などを通じて中国四国地区から全国に向かって情報を発信します。

過去の学会活動(平成22年~27年度)

  • 主な学会活動(シンポジウム企画開催)

第5回日本緩和医療薬学会年会(in 幕張 2011)

 必要とされる薬剤師を目指して ~患者の精神症状に対して薬剤師ができること、すべきこと~

 

第7回日本緩和医療薬学会年会(in 横浜 2013)

 非がんの緩和ケア~ALSチーム医療への参加~

 

第8回日本緩和医療薬学会年会(in 松山 2014)

 入院麻薬自己管理の現状と将来に向けて ~問題点とROO(rapid onset opioid)の適正使用を考える~

 

第9回日本緩和医療薬学会年会(in 横浜 2015)

 薬学部学生の実務実習における緩和ケア教育を考える

 

第11回日本緩和医療薬学会年会(in 札幌 2017)

 緩和ケアチームの薬剤師は2025年に向かって何をすればよいのか

 

第13回日本緩和医療薬学会年会(in 幕張 2019)

 実務実習における緩和ケア教育を考える~臨床に活かすために~